CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
函館観光コンシェルジュツイッター
MOBILE
qrcode
<< 厚沢部町のみ販売 幻の4500本限定 甕貯蔵 喜多里『小金千貫』 | main | 厚沢部町 和洋菓子くらや 春限定“桜 黒豆ロール” >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
復元箱館奉行所モニターツアー
JUGEMテーマ:函館

みなさん、こんにちわ
函館観光コンシェルジュセンターの YOU です

3月29日 ≪ 復元箱館奉行所モニターツアー ≫ を実施いたしました。



13:00  函館駅西口 出発



13:15  函館リッチホテル五稜郭にて博物館学芸員の佐藤氏による
       箱館奉行所について解説してもらう。



14:30   徒歩にて 箱館奉行所へ。
        7〜8分ほどの距離の間にも五稜郭の堀の水の事や石積み、
        どんな物で掘の石を削ったのか等、普段聞けないお話を聞く。



箱館奉行所の中を案内してもらう。



まるで、タイムスリップをしたかのような時間が流れる。
部屋のひとつ、ひとつに意味があり、奉行所復元されたのと同様に
その時代の歴史が手に取るようにわかる解説をして頂く。



一の間、二の間 三の間・・・身分によって入る事が出来る部屋があり
時代を知る為には座って体験してみる事も必要だと教えて頂き
ガイドする側からの観点でお話をして下さり勉強になった。



15:10 五稜郭タワーに搭乗する。

ここでは、五稜郭タワーの木村氏による解説。
展望台2階の 「五稜郭歴史回廊」のお話を伺う。



解説を聞きながら見ているとまるで息を吹き返したかのように
その時代になって武田斐三郎が五稜郭を作る様が手に取るようにわかった。

他にも精巧なフィギュアによる再現は四方八方から見る事ができ
橋の下から見ても堀の中の凍りまで再現されていたのには驚かされた。



今回、こちらの講師をして下さったお二人です。
時間が足りず もっとお話しを聞く時間を作って箱館からの歴史を沢山の方々に
お話できるように勉強したいと思いました。
解説修了後、アンケートに答えてもらい無事終了することができました。

ご参加下さった皆様、ご指導頂いた博物館の佐藤様、五稜郭タワーの木村様

         ありがとうございました。
| セミナー | 13:42 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 13:42 | - | - | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://hakodate-blog.jugem.jp/trackback/160
トラックバック