CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
函館観光コンシェルジュツイッター
MOBILE
qrcode
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
第1回はこだて圏滞在プログラム研修会のお知らせ
JUGEMテーマ:函館
 

第1回  はこだて圏滞在プログラム研修会 

                                「まちあるきと観光地域づくり」講演会 〜まちあるきイベント『長崎さるく』に学ぶ〜
             
並びに  まちあるきコース&マップ作り研修会

 

まちあるきは、地域資源の発掘及び地域の誇りへの認識共有を促し、点から線へさらに面へと展開して行き、「その地域ならでは」や「そこで暮らす人々の日常の暮らし」を知って頂く絶好の機会で、地域資源を観光資源に変え消費行動を促す重要なツールだと考えます。

 函館市では、観光客数の増加だけではなく、滞在日数及び観光消費額の増加を図り、函館市内の周遊観光のみならず広域で観光客のニーズを満たすような滞在プログラムの創出及びビジネス化にむけての支援をしており、その一環として今回の講演会及び研修会を実施致します。

今回は、2006年長崎さるく博を開催し、1035万人もの参加者を動員、現在日本のまちあるきを牽引する長崎さるくの中核であるNPO法人長崎コンプラドール副理事長である川良真理氏を招聘し、まちあるきの神髄や具体的なまちあるきコースやマップ作りの手法を学びます。

是非、この機会をご活用頂き、観光地域づくり・まちづくりにご活用頂ければ幸いです。多数のご参加をお待ちしております。

 

日時: 平成25年7月5日(金)13:00〜17:00(開場 12:30)

■ 内   容: 
[第1部] 
13:00〜14:00 まちあるきイベント 『 長崎さるく』 に学ぶ  (一般市民・町民及びまちあるき関係者)

[第2部]
14:15〜15:45 
,泙舛△襪コース&マップ作り研修会(まちあるき関係者対象) 
これから或いは現在まちあるきを地域の仕組みとして「興味が有る」、「考えてみたい」、「実行しようと考えている」或いは「すでに実行していて更なる磨きをしたい」、と考えている皆様対象に、具体的なまちあるきコースやマップの作り方のポイントをお話し頂きます。  
※一般の皆様でも興味のある方の聴講は可能です。

16
0017:00 ▲侫ールドワーク
研修ポイントを踏まえ、函館のまちあるきコースをまわります。


講演者:    講師  川良 真理 氏(NPO法人長崎コンプラドール 副理事長、フリー編集者) 
※講師のプロフィールは別紙をご参照ください。 

                           

定員50名(事前申込が必要です。先着順)  入場無料

会場: 函館市地域交流まちづくりセンター 2F フリースペース(函館市末広町4番19号

■ 申込方法:別添の参加申込書に必要事項を記入し,次のとおりお申し込みください。




【申込締切】
 平成2574日(木)

 

申込先】  043-0036  函館市東雲町1515号 函館ホテル旅館協同組合2
                                 
株式会社函館観光コンシェルジュセンター (担当:小林 、一戸)
  TEL0138-26-0300 FAX0138-26-5208       Mailinfo @hakodate-concierge.com




申込書・講師プロフィール
ダウンロードはこちら

問合せはこちらまで info@hakodate-concierge.com


 



| セミナー | 10:46 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
復元箱館奉行所モニターツアー
JUGEMテーマ:函館

みなさん、こんにちわ
函館観光コンシェルジュセンターの YOU です

3月29日 ≪ 復元箱館奉行所モニターツアー ≫ を実施いたしました。



13:00  函館駅西口 出発



13:15  函館リッチホテル五稜郭にて博物館学芸員の佐藤氏による
       箱館奉行所について解説してもらう。



14:30   徒歩にて 箱館奉行所へ。
        7〜8分ほどの距離の間にも五稜郭の堀の水の事や石積み、
        どんな物で掘の石を削ったのか等、普段聞けないお話を聞く。



箱館奉行所の中を案内してもらう。



まるで、タイムスリップをしたかのような時間が流れる。
部屋のひとつ、ひとつに意味があり、奉行所復元されたのと同様に
その時代の歴史が手に取るようにわかる解説をして頂く。



一の間、二の間 三の間・・・身分によって入る事が出来る部屋があり
時代を知る為には座って体験してみる事も必要だと教えて頂き
ガイドする側からの観点でお話をして下さり勉強になった。



15:10 五稜郭タワーに搭乗する。

ここでは、五稜郭タワーの木村氏による解説。
展望台2階の 「五稜郭歴史回廊」のお話を伺う。



解説を聞きながら見ているとまるで息を吹き返したかのように
その時代になって武田斐三郎が五稜郭を作る様が手に取るようにわかった。

他にも精巧なフィギュアによる再現は四方八方から見る事ができ
橋の下から見ても堀の中の凍りまで再現されていたのには驚かされた。



今回、こちらの講師をして下さったお二人です。
時間が足りず もっとお話しを聞く時間を作って箱館からの歴史を沢山の方々に
お話できるように勉強したいと思いました。
解説修了後、アンケートに答えてもらい無事終了することができました。

ご参加下さった皆様、ご指導頂いた博物館の佐藤様、五稜郭タワーの木村様

         ありがとうございました。
| セミナー | 13:42 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
観光セミナーin函館
 みなさん、こんにちは〜

函館観光コンシェルジュセンターのセイノです


今回は、3月16日に行われた
観光セミナーin函館について書きたいと思います

セミナーでは、観光カリスマの山田桂一郎さんという方の「選ばれ続ける地域とは」という講演と、

山田さんとゲストの方たちとの、「今後の観光振興に必要なこと」を題材にしたトークセッションを

聞くことができました

さまざまな地域、世界の観光に携わってきた山田さんのお話は、とても刺激になりました

このセミナーを今後、自分たちの活動に生かせたら良いと思います








| セミナー | 09:58 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
| 1/1PAGES |